母のお気に入りのがま口

2016-05-06 | Posted in ギャラリー, デニム, ブログNo Comments » 

こんにちは。

デニムとスエードでスタイリッシュながま口を制作&販売をしている木村由布子です。

ゴールデンウィークも3分の2が終わってしまいましたね。
お天気にも恵まれたゴールデンウィークで、毎年ゴールデンウィークの時に思うのは日差しがとても強いということ。
例年ゴールデンウィークは比較的晴天に恵まれているということでしょうか。
昨日、時間を持て余しているであろう母と、カレンダー通りのお休みをしている妹クンを誘って根津に行ってきました。

 

 

根津神社のつつじ祭り

今年まもなく78歳になる母は、お陰さまで大きな病気をすることなく本当に元気でとてもアクティブです。

少し時間が出来ると一人でもひょいひょいお出掛けしていきます。

美術館に行ってみたり、お花を見に行ったり、時には日帰りバスツアーに参加してみたりもしますが、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーも大好きで、遊びに行けば朝から晩までとにかくアトラクションを制覇しようとします。

年間パスポートをもっていた数年間は、一人でも夕方からインパークしてパーク内から「今、どこにいると思う?」とよく電話してきたものです。

そんな母は今でも元気でアクティブですが、やはり寄る年波には抗えず年々足腰も弱ってきているように感じます。

人間は平等に年を重ねていくもので、体のあちこちにガタがくるのも当然のことなので、母が動ける元気なうちにまだまだ色々なところに連れて行ってあげたいなと思う今日この頃です。

そして昨日、母を連れて行きたいところがあったので妹クンも誘って根津界隈を散策してきました。

例年この時期、根津神社ではつつじ祭りが開催されています。

nezujinja

つつじ祭り開催中といっても、ゴールデウィーク時期に行ってもほとんどお花も終わっています。

今年もすでに残念な感じになっていました。

0506根津神社つつじ

お天気が良すぎてチリチリと肌を焼かれていくのがわかるほどの暑さで、お参りする列も長蛇になっていたので「ここでも大丈夫よ、由布子は存在感がありすぎるから神様も気付いてくれるわよ。」とお賽銭を入れることなく遠くからお参りしてきました。

信心深くない母娘3人組は、いつもこんな感じの適当なお参り。

私たちのここぞという時の神頼みが通用しないのは、仕方のないことですね。

 

 

母のお気に入りのがま口

私の作るがま口で母が気に入っているのはこちらのがま口。

デニムがま

以前にも紹介しましたが、デニムに刺繍が施されている生地で作ったものです。
母にはデニム&スエードを組み合わせたがま口は、気に入ってもらえません。

特に最近私が好きな組み合わせであるオレンジのスエードを組み合わせたものは、目をまんまるにして「これ色(オレンジ)が良くないわ。」と一言。

デニムに刺繍を施した生地で私の好みのものにはなかなかお目にかかれないのが残念なところです。

 

 

今日の元気の源

今日のメインイベント!

母と妹クンを連れてきたかったのは谷中銀座商店街からちょいっと横道に入ったところにある「ひみつ堂」。

かき氷のお店です。
10時ころ店頭に行き11:30~11:45の整理券をもらってから近辺の散策。
私たちはこの時間を使って根津神社に行ってきました。
整理券の時間に戻ってきてやっと列に加われるのですが、そこから約1時間ほど並んでやっと入店出来ました。

私は「うぐいす桜」、母は「白いちみ」、妹クンは「ミルキィレモン」をチョイス。

テーブルに届けられた氷は・・・雪山のようにこんもりと大きなもので、一瞬ギョッとする大きさですが、雪山に一匙スプーンを入れてみてさらにビックリ!

ふわっふわなんです。
ほんと、ふわっふわで口に入れるとふわっと溶けてしまいます。

3種類とも美味しくいただきましたが、3人で同一意見でつけた順位は、
①ミルキィレモン、②白いちみ、③うぐいす桜 という結果に。

かき氷は宇治金時等ももちろん美味しいのですが、フルーツ系が王道なのかもしれません。
写真も撮ったのですが・・・興奮していたんだと思います。モード変更するのを忘れ、しかも撮っているときに違和感を感じることなく撮ってしまった結果・・・お茶の間写真になってしまいました。

お見苦しいので私の食べた「うぐいす桜」を1枚だけ。

himitsudo

美味しいものを目の前にしたときは、文字通りスマートにスマホで撮ったほうが失敗がないような気がします。

 

********************************************

今日もご訪問ありがとうございました。

デニムとスエードでスタイリッシュながま口を制作&販売をしている木村由布子でした。

大好きなあの人への贈り物にピッタリのものが見つかりますように・・・。

 

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »