デニム&スエードの眼鏡ケース(がま口)を作っています


こんにちは。

デニムとスエードでスタイリッシュな布雑貨を制作&販売をしている木村由布子です。

 

昨日紹介した撮影ボード、この写真でもいい仕事してくれています。

撮影ボードも写真も気に入っています(笑)

写真って本当に奥が深くって、少し習ったくらいではグーンとは上達しないのがカメラの世界。

昔とは違い、最近では撮った写真もそのまま使うことはなく何かしらの加工をして使用するとか。

綺麗な写真をアップされている方たちも、スマホで撮った写真も何かしらの加工をしてから

使用しているカメラの技術だけでなく、加工する技術も必要ってことですね。

SNSで綺麗な写真をアップされている方たちも、スマホで撮った写真でもカメラで撮った写真でも

何かしらの加工をしてからアップしていると聞きました。

素敵だなぁと見ているSNSの写真は、勉強や努力をしている賜物なんだなって思います。

 

 がま口ポーチMサイズは飴ちゃん入れにも   

大阪の方は、飴のことを「飴ちゃん」って言いますね。

「飴ちゃん」って響き、可愛いです。

サラリーマン時代の職場にも「飴ちゃんあげる」ってくれる上司がいましたよ。

飴そのものよりも「飴ちゃん」っていう響きに癒されていました。

がま口ポーチMサイズは飴ちゃん入れにもちょうどいいんです。

そんなにいっぱい持ってある人少ないでしょうか。

私は冬場の乾燥対策に飴ちゃんは欠かせません。この ↓ 飴ちゃんが特にお気に入り。

デニム&スエード(アンテロープ)Mサイズ・飴

 

 デニム&スエードの眼鏡ケース(がま口)を作っています   

久しぶりに眼鏡ケースを作ろうと思い立ち昨日作ってみました。

がま口制作途中

単身赴任先から帰っている夫が起きてくる前にミシンがけを済ませ口金をつけて一晩寝かせておきました。

この写真は口金をつける前のものですが、底から写真を撮ってみるとたらこ唇みたいで可愛い。

絵描き歌の「かわいいコックさん」の口のようでしょ。ぷぷぷ。

 

このタイプの眼鏡ケース、量産していなかったのには理由がありまして・・・

眼鏡ケースにハードケースが多いのは、眼鏡を保護するためだと思います。

この眼鏡ケースは、保護するにはちょっと弱いのが玉に瑕。

でも、最近はファッションに合わせて眼鏡やリーディンググラスを変える方も多いそうで、

高価なものを1つ持つよりもリーズナブルなものを複数持ちたいという傾向らしいです。

高価な眼鏡を持ち歩くにはちょっと心もとないかもしれないけど、リーズナブルな眼鏡だったら

気を使うことなくご利用いただけるのかな・・・という思いでもう一度作ってみました。

それでも裏生地には少し工夫をして、普通の生地とはちょっと違う異素材を使用しているのがポイントです。

まずは友人に見てもらい、意見をもらってみます。

 

 今日の元気の源  

昨年まで40日おきにジェルネイルをしてもらっていました。

1年くらい経った昨年の夏、自爪がペラペラになっていることに不安を覚えしばらくやめることにしました。

半年ほど経った今、自爪も元気になったのでジェルネイルを再開しようかとネットでいいお店はないものか検索していたところ見つけてしまったのがこちらの「Home weekly Gel」というもの。

ジェルネイル

自宅でジェルネイルが簡単に出来て、尚且つ10日ほどでペリペリ剥がせるそうです。

このペリペリ剥がせるっていうのが魅力的!

早速塗ってみましたが、カンタンにストレスなく綺麗に塗ることが出来ましたよ。

このジェルと一緒に同じメーカーから出ているUVライトが販売されていたのですが、私はUSBタイプで超コンパクトなLEDライトタイプをネットで購入して使ってみました。

1本づつしかライトを当てられませんが、ネイルを塗るのが苦手な私にはちょうど良いのです。

あとは、何日持つのか・・・綺麗にペリペリ剥がせるのか・・・

しばらく見守ってみて報告しますね。

 

********************************************

グループ展を開催することになりました!

『 my favorite style 2017 S/S 』

日時:2017年5月12日(金)~5月14日(日)

場所:DESIGN FESTA GALLERY 原宿 1-D

詳細は追ってお知らせします。

********************************************

今日もご訪問ありがとうございました。

デニムとスエードでスタイリッシュな布雑貨を制作&販売をしている木村由布子でした。

大好きなあの人への贈り物にピッタリのものが見つかりますように・・・。

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Translate »